jomon.school@gmail.com

縄文講義 #1
講師:佐藤光義氏(西会津在住縄文研究家) | 2016年7月11日
Jomon Lecture #1

縄文土器修復など長年にわたって西会津町の縄文関係に携わっておられる佐藤光義さんを講師としてお招きして、西会津の縄文時代や縄文土器について勉強会を開催しました。気候や人々の生活の変化に伴って形を変えてきた縄文土器。その形や模様からさまざまな「縄文時代の風景」が見えてきます。時の流れと地層の関係性から土器の細かい特徴、縄の撚り方まで幅広く講習していただきました。縄文時代の風景や生活習慣が現代の私達の暮らしへと繋がっているんだということを強く実感しました。普段通り過ぎる西会津の町並みの中に、縄文時代のカケラを見つけ出すことができそうです。